会員登録 & マイページへログイン   お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

サイトトップページへマイページへログインカートを見るハーブQ&Aご利用ガイド
 

美味しいハーブティーのいれかた


葉っぱホットハーブティーの場合


・ティーポットとカップはあらかじめ温めておきます。ポットにハーブティーを入れます。
ティーカップ一杯分の目安はティースプーン山盛り1杯。(2g〜5g)量はお好みにより調整して下さい。

・約95℃位のお湯を静かに注ぎ、香りが逃げないように素早くフタをし、蒸らします。
葉は3分、実や種は5分が目安です。

・茶葉を蒸らし終えたら、茶こし等を使ってカップにお茶を注ぎます。

お茶の香りや色を楽しみながらお召し上がり下さい。
  
*茶葉をお湯に入れたままにしておきますと、苦み等が増し風味が変わりますのでご注意下さい。

*ティーポットは、緑茶用のお急須でも代用できます。
難しく考えず、色々とお楽しみ下さい♪


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
葉っぱアイスハーブティーの場合

・ホットの2〜3倍の量のハーブにお湯を注ぎ、濃いハーブティーを作り冷ましておきます。

・グラスに氷を入れ、あら熱をとって冷ましたハーブティーを氷の上から注ぎます。

さらに生のミントなどを飾ると涼しげな演出に。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

葉っぱ
オフィスでひと工夫

水筒で持って行く
朝、ハーブティーを多めに作り、水筒などでオフィスへ持って行きます。
後は、お好きな時にお好きなだけ。エコで経済的ですね!


オフィスでいれる
オフィスでお急須を使えれば良いのですが、ない場合は・・・
・茶こしとフタの付いたハーブティー用マグカップが市販されています。こちらはとても便利です。

・市販のお茶パック(ひも付きが便利です)で入れる事も出来ます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

葉っぱハーブティーの保存方法

ハーブは湿気と直射日光を嫌います。
密封容器に入れ、高温多湿を避け、冷暗所で保存して下さい。
保存容器にはシリカゲル等の乾燥剤も一緒に入れる事をおすすめします。

*味や風味が変わらぬうちに、お早めにお召し上がり下さい。


美味しいハーブティーの入れ方

ページトップへ